沿革・設備

Corporate History / Facilities

沿革 1932-presents
昭和7年8月
東京都大田区糀谷町に福永清が旭東ダイカスト工業所を設立
昭和21年8月
東京都大田区下丸子に移転操業
昭和38年7月
神奈川県足柄郡山北町に山北工場新設
昭和43年1月
旭東ダイカスト(株)を設立 ダイカスト部門を継承 資本金250万円
昭和50年8月
資本金1,250万円に増資
昭和55年1月
山北工場に1,500㎡を増設し、鋳造能力の拡大ならびに金型部門を併設
昭和59年5月
埼玉県嵐山町に嵐山工場を新設
昭和59年10月
真空ダイカスト鋳造(特許)を開発 各工場に新装置を設置
平成3年2月
東京都融合化助成事業の設備対象として真空度測定装置(KVDC)を開発、実用化
平成7年11月
中国上海市に上海旭東圧鋳有限公司(KDS)を設立
平成7年12月
浙江省寧波市に寧波国合旭東精密圧鋳有限公司(IKD)を設立
平成11年1月
マグネシウムダイカストの技術開発(難燃マグネシウム)
平成13年12月
資本金4,250万円に増資
平成14年2月
本社を山北工場へ移転
構造改革の一環として東京工場・嵐山工場を山北本社へ統合
平成21年9月
中国に寧波旭東表面処理有限公司(KST)を設立
平成24年12月
中国に寧波旭東新盛汽配有限公司(KSMP)を設立(独資)
平成22年4月
ISO9001:2008認証取得
平成23年4月
ISO14001:2004認証取得

設備
鋳造設備(全機真空装置付) ダイカストマシン|東洋機械|DS-350|全自動
ダイカストマシン|宇部興産|UB350NX|全自動
ダイカストマシン|東洋機械|BD-250V4-T|全自動
ダイカストマシン|東芝機械|DC250-J-SC|全自動
ダイカストマシン|東芝機械|DC135-J|全自動
ダイカストマシン|東芝機械|BD125V4-T|全自動
急速溶解炉|㈱TOKAI アルキープ
溶解保持炉|真岐工業株社製
脱酸処理機|㈱ファンテック社製
灰・絞り機|協同企画販売㈱社製(ダストクリーン)
電気式フォークリフト|日産 耐圧配湯用
コンプレッサー|三井精機|Z755AS-R
吸引式金型温度調節機
高真空装置|ダイエンジニアリング
油性離型剤塗布用静電スプレー装置(旭サナック株式会社)
(ものづくり助成金:神奈川県中小企業団体中央会)
1台
1台
1台
2台
2台
1台
2台
10台
1台
1台
1台
3台
2台
1台
1台
金型工作設備 ラジアルボール盤|大矢製作所
NC旋盤|ヤマザキ
普通旋盤|江黒・ワシノ
汎用フライス盤|牧野フライス
NCフライス盤|遠州製作所
ボール盤|キラー
コンターマシン|安弘製作所
コーテング機|スタンレー
TIG溶接機|松下電器産業
アーク溶接機|日立製作所
ワイヤー加工機|三菱電機
平面加工機|元製作所
酸素溶接機|小池酸素
1台
1台
2台
3台
1台
5台
2台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
仕上設備 ボール盤|キラー
油圧プレス|三恵機械・他
ベルトサンダー|下村電友社・他
研掃機|日神金属(ドラム)
研掃機|ニッチュウ(ハンガ)
5台
6台
4台
1台
1台
検査設備 三次元座標測定機|ミツトヨ
真空度測定装置|自社製(KVDC)
投影機|ミツトヨ
表面粗さ測定装置|ミツトヨ
ガスチェッカー|SHINE VAC GV
金属顕微鏡|NIKON
実体顕微鏡|NIKON
分光分析機|SPECTRO LAB(亜鉛・アルミ・マグネ合金分析可能)
赤外線サーモビジョン|NEC/Avio
耐圧強度サイクル試験装置|自社オリジナル
3D CAD|クボテック
鋳造流動凝固シュミレーション|クリオカ㈱
鋳造方案最適化解析システム|㈱IDAC
測定機
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
各種